AirPods Pro(第2世代)に対応した「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」【レビュー】

広告

FIRE(早期退職)をして、楽しく、快適な、生活を目指している、にこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

Appleのイベントで、AirPodsの Pro第2世代が発表されて、ノイズキャンセルと空間オーディオが気になりAirPodsProを第2世代をその日予約した。

僕は、ジーパンにぶら下げて、イヤホンを持ち歩いている。

AIrPodsを持ち歩くときにも不便なので、ケースが欲しくなった。

それで今回買ったのが、「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」である。

どんなケースが良いか?

今回、ケースを選ぶにあたり条件を考えてみた。

ジーパンにぶら下げられる。

カラビナなどで、ジーパンにプラ下げて持ち歩ける。

かっこいい

できれば、かっこいいケースが良い。

ワイヤレスで充電できる。

AirPodsは、MagSafe、Qi充電器やApple Watch充電器等で充電できる。

ケースをつけてもワイヤレス充電をしたい。

Air Pods Pro第2世代対応

AirPods 第2世代は、第1世代と大きさは変わらないのが、ストラップホール、スピーカ穴などが対応したものが欲しい。

どんなケースがあるか?

上の条件に合うケースはたくさんあった。

ohyes AirPods Pro 第2世代 2022 用 ケース TPU

TPUの透明のケースで、ストラップもスピーカーの穴も空いていそうである

AhaStyle AirPods Pro 第2世代 ケース

シリコンカバーで、ストラップストラップもスピーカーの穴も空いていそうである。

ただ、カラビナをつける穴はなく、ストラップを使うことを想定している。

色も、4種類あって良さそうである。

MOONMN AirPods Pro 2 ケース

シリコンカバーで、ストラップストラップもスピーカーの穴も空いていそうである。

カラビナようの穴もあるので、こちらの物を買ってみた。

色も、5種類ある。

「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」は?

いろいろ悩んだが、「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」を購入した。

箱に入っていた。

裏は、

ケースはこんな感じ、

それと、カラビナがついてくる。

つけると、こうなる。ちょっと白いラインが見えるところが良い。

カラビナもつけてみた。

「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」の良い点

AriPods Pro第2世代に対応している。

ちゃんと、ストラップホールとスピーカーの穴があってAIrPods Pro第2世代に対応していた。

サイズもビッタリあっていて、開け閉めも問題ない。

ストラップの穴、

スピーカーの穴、Lightnigコネクターのカバーが付いているのも良い。

ワイヤレス充電が出来た。

問題なく、MagSafe、Qi充電器、Apple Watch充電器でワイヤレス充電出来た。

Qiで充電出来た。

Apple Watchの充電器でも充電出来た。

「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」の問題点

裏側がカッコ悪い

蓋を開けるためにしょうがないのだが、、、。

MafSafeにくっつかない

ケースをつけない状態では、MafSafeの充電器にくっついて落ちなかっが、ケースをつけるとくっつかなくなった。

「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」のまとめ

今回、「MOONMN AirPods Pro 2 ケース」を、使ってみた。

これで、問題なくジーパンにぶら下げて持ち歩きことが出来た。

今後、きっといろいろなケースが出てくるのだろう。

また、飽きたら新しいのを買ってみたい。

そして、未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

にこらいふメルマガ

へららいふでは、メルマガを配信しています。

新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

YouTubeも毎日配信中!

ミニマリストをめぜして、YouTubeを毎日配信しています。

しかし、ぜんぜんミニマリストに近づいていない、、、。

でもいつかきっとミニマリストになります!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。