エルヴィス・プレスリーの凄さがわかる!映画「エルヴィス」を観た!

広告

「エルヴィス」は、すごい歌手だった!しかしその裏には、、、。

FIRE(早期退職)をして、楽しく、快適な、生活を目指している、にこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

映画「エルヴィス」を観た。

エルヴィスの生きた時代の、差別の問題がありそこから新たなロックという音楽が生まれた。

評価

評価 :4/5。

映画「エルヴィス」は?

「エルヴィス」は、

ストーリー:

“エルヴィス・プレスリーのセンセーショナルすぎるパフォーマンスは若者に熱狂的にに愛される一方で、中傷の的になり警察の監視下に置かれる。型破りで逆境を打ち破る伝説と、その裏側の危険な実話。

そして彼を殺したのは誰なのか?”

「エルヴィス」 のホームページ

映画「エルヴィス」の感想

YouTubeでの感想

コンサートのシーンは豪華で迫力があった!

「ムーラン・ルージュ」や「華麗なるギャツビー」を監督したバズ・ラーマンの作品なだけに、コンサートなどのシーンは豪華で華麗で迫力があった。

「ムーラン・ルージュ」も「華麗なるギャツビー」もどちらも好きな映画で、舞台やパーティなどの華麗なシーンが頭の中に残っている。

「エルヴィス」の凄さがわかる

エルヴィスは、ロックミュージックを開拓して、その人生をロックに捧げた人物である。この映画は、その一生を描いた映画である。

僕は、エルビィス・プレスリーにはあまり詳しくなかったが、この映画を見てエルヴィスの凄さがわかった気がする。

「エルヴィス」がいた時代の背景

この映画では、この時代の人種差別の問題も語られている。

黒人社会と白人社会が分けられていて、お互いが交流することを禁じられた社会で、黒人社会で育ったエルビィスが新たな音楽を作っていく、そして社会を大きく変えていく。

「エルヴィス」の音楽は、今聞いても古さを感じさせない。

エルビィスの音楽は、今聞いても古さを感じさせない。

しばらく、エルビィスの音楽を聞いてみたい!

『エルヴィス』オリジナル・サウンドトラック

created by Rinker
¥1,800 (2022/08/12 12:35:01時点 Amazon調べ-詳細)

映画「エルヴィス」のまとめ

映画「エルヴィス」は、エルビィス・プレスリーの一生を描いた作品で、いかにエルヴィスが凄かったかがわかる映画である。

エルヴィスの音楽を聴きたくなる!

未来は、明るい!

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、にこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

おすすめの映画

にこらいふメルマガ

にこらいふでは、メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているにこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新しいサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

YouTubeも毎日配信中!

ミニマリストをめぜして、YouTubeを毎日配信していましたが、今はFIREして楽しく過ごすことを配信しています。

是非、見ていただければと思います。

stand.FMでも配信中

“stand.FM”でFIREについて配信しています。

ここから聞いてね!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。