今までのガンダムとはちょっと違う『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』をみた!

広告

楽しく、快適な、生活を目指して、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

今回久しぶりに、ガンダムの映画をみた。

それが、『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』である。

ほとんど予備知識なしに見たが面白かったが、この映画が続きもので、ちょっと見た後はたくさんの疑問が残り、続きが気になる。

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,000 (2022/09/30 10:26:27時点 Amazon調べ-詳細)

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』とは?

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』は、機動戦士ガンダムの最新の映画である。

閃光のハサウェイのWebサイトには、以下のようにストリーが描かれている。

 ”第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。

U.C.0105——。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。

そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。

アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。”

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』公式サイト

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』のサイト

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』の感想

今までのガンダムとはちょっと違う!

最近ガンダムの映画をみていなかった。

以前のガンダムとは、だいぶ違う印象があった。

今まで僕が見てきたガンガムは、地球対宇宙(ジオン)の戦いで、大きな組織同志の戦いを描いていた。

今回の映画「閃光のハサウェイ」は、大きな組織(地球連邦政府)対小さな組織(マフティー)との戦いを描いている。

なので、スターウォーズの帝国対反乱軍のような関係に見えてくる。

ただ、帝国と違うのは、帝国は絶対悪として描かれているだ、この「閃光のハサウェイ」では、地球連邦が絶対悪としては描かれていない。

この辺が、ガンダムシリーズを感じさせる。

逃げ惑うシーンが、リアル

今までのガンダムでは、モビルスーツの戦闘シーンは多く描かれていたが、主人公がモビルスーツの戦いに逃げ惑うだけのシーンは少なかった。

これらのシーンがとてもリアルに描かれていた。

まだ、完結していない、これから始まる!

この映画の終わりは、終わりではなくこれから話が始まる感じで終わる。

そのため、いろいろ気になる点があり、続きが楽しみである。

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』の入場特典

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』には、入場特典があった。

僕は、開けていないのだが、映画館で開けている人がいて、中には映画のフィルムが入っているようだった。

僕は、開けずにそのままメルカリに出品したところ、2000円ですぐに売れた!

『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』のまとめ

今回、『機動戦士ガンダム  閃光のハサウェイ』を見に行ったが、最近見た映画の中では一番人が入っていた気がする。

時期的な問題もあると思うが、ガンガムシリーズの人気の高さをしる。

また、入場特典もあっというまに売れたのも人気の高さがわかる。

この映画は、これで完結ではなく、どちらかというと序章のような感じだった。

続きの映画はいつなのだろう?

小説では、3巻出ているようだ。

未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報(他の映画)

へららいふメルマガ

へららいふでは、メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているへらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

YouTubeも毎日配信中!

ミニマリストをめぜして、YouTubeを毎日配信しています。

しかし、ぜんぜんミニマリストに近づいていない、、、。

でもいつかきっとミニマリストになります!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。