【作業環境改善】HHKB (Happy Hacking Keyboard)のケースはどれにする? 【レビュー】

広告

楽しく、快適な、生活を目指して、へらへら生きるヘラリストのアリーです。

僕は毎日コワーキングスペースて、Mac Book Proを使っている。

そして最近は、VssoPlor ノートパソコンスタンドでMac Proの画面を高くして、”Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S”と”ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MX ERGO”を外付けして使っている。

これにより猫背の姿勢もだいぶ改善してきたと思う。

今回は、高級な”Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S”を安全に持ち歩こうと思いケースを買ってみた。

HHKB (Happy Hacking Keyboard)のケースは?

キーボードを無造作に鞄に突っ込んで持ち歩いていたが、ケースに入れて持ち歩こうと思いAmaxonで探してみたらHHKB専用のケースがいくつか見つかった。

バード電子 HHKBスマートケース PZ-KBSC-HHK

一番コンパクトで、最小で持ち歩くには良さそうである。

今回僕は、Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sを買った時についてきたキーボードルーフも,せっかくなので一緒に持ち歩こうかと思っていたので、候補から外した。

バード電子 Happy Hacking Keyboard用トランスポーター TR-HHK

こちらも、カッコよく、HHKBのロゴもかっこよかったのですが、キーボードルーフをつけたまま入るかどうかわからないのと値段が5,000円をこえるので今回は買うのをやめた。

バンナイズ (VanNuys) PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 用 キャリング ケース

こちらも、カッコ良い!

僕は、いくつかバンナイズ (VanNuys)の製品は持っている。

それなので、良さはわかっているのだが、1万円を超える値段で、今回は買えなかった。

HHKBハードケース DX PD-KB01SD

こちらは、HHKB以外にも、脇にポケットもあり入れられそうなのと、値段も2,000演題と安かったので、これにした。

また、キーボードルーフも一緒に入りそうだった。

HHKB (Happy Hacking Keyboard)をHHKBハードケース DX PD-KB01SDに入れてみた。

HHKBハードケース DX PD-KB01SD”は、こんな感じ、

、”Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S”を入れてみると、ぴったりと入る。

キーボードルーフをつけても問題なし、

”ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MX ERGO”を入れてみたが、ちゃんと入った。

締めるとちょっと膨らむ。

持ち歩けそうだが、僕は”ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール MX ERGO”のケースを、すでに買っている。

なので、違うものをいれることにする。

すると、VssoPlor ノートパソコンスタンドがぴったりと入る。

それとUSB-Cのケーブルもいれることにした。

もちろんBluetoothでも接続できるのだが、ケーブルでの接続は確実で電池の問題もない。

USB-CのケーブルがそのままだとMAC Bookに当たったりするので、L型のUSB-Cのアダプターも買った。

Mac Book Pro本体にぶつかる。
こっちの方が見た目もかっこいい!

まとめ

最近、作業環境を改善する為にいろいろ考えている。

今回は、その環境を持ち歩くためのケースを買ってみた。

ちょっと重くなったりするが、これを持っていけば、キーボードとMac Book Proのスタンド、ケーブルが一つになっているので忘れないで済む。

それに、大切な”Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S”を守ってくれる。

現在の作業環境はこんな感じ!

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリーでした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

作業環境改善プロジェクト

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。