【YouTubeの簡単な始め方】僕のYouTubeの撮影機材の紹介

広告

早期退社をして楽しく、快適な、生活を目指して、へらへら生きるヘラリストのアリーです。

僕は、去年の7月から、産総研のイベントのヤッチャレ2020とイベントに参加して、100日間でミニマリストになると宣言をして、毎日YouTube投稿をしてTwitterに呟いていた。

そして、100日もとっくに過ぎて、225日毎日YouTube投稿を続けている。

しかし、まだまだミニマリストにはなれていない。

今回は、そんな225日間毎日投稿しているYouTubeの撮影機材を紹介する。

YouTubeの撮影機材の選び方

以前、コワーキングスペースでYouTubeの講座を受けたことがあった。

この時に、音は重要だと言う話を頂いたので、マイクは良い物にしようと思った。

それと、カメラはスマホで十分と言うことで、カメラは買わず。

それと照明も大事なので照明機材を買うことにする。

また、スマホを固定する物も必要になる。

講座では、フレキシブルアームを勧めていたが、YouTuberさんの機材を見てみると三脚を使っていた。

なので、三脚を買ってみることにした。

それと、一番大切な事は、いつでもすぐに撮影ができる事が大事である。

そうしないと、つい撮影が億劫になってしまいきっと続けられない。

せめて半年、1年やらないと結果は出ないので、とにかく簡単に撮れることが大事である。

YouTubeの撮影機材は?

まずは、僕のYouTubeの撮影機材の紹介をしたい。

現在の撮影機材はこんな感じ。

これをデスクの上に置いて撮影している。

カメラ

カメラは、スマホを使っている。

去年始めた時には、iPhone11Proだったが、今は、iPhone12Proを使っている。

自撮り撮影なので、iPhone12Proのインカメラを使って撮っているので、別にiPhone12Proは必要ないのだが、、、。

三脚

三脚は、デザインが気に入っていた、Manfrottoのミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVOにした。

この三脚は、足が延ばせて、より安定して撮ることができるようなのでこれにしてみた。

今、考えてみると、スマホでは重さもないので、三脚の足を伸ばす必要もないので、ミニ三脚 PIXI で良かった気がする。

created by Rinker
マンフロット(Manfrotto)
¥2,484 (2021/08/03 03:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

スマホホルダー

三脚にスマホを取り付けるのに、スマホホルダーが必要になる。

その時に、できれは、このスマホホルダーの上部にコールドシューがある物を探した。

コールドシューにマイクや照明をつけようと思っていた。

そこで買ったのが、ULANZI スマートフォン 三脚 マウント コールドシュー付きである。

これをしばらく使ってのだが、スマホをつける時にどうしても力がいり、つけるときにちょっと面倒だったので、Ulanzi 三脚マウントに変更して、今はこれを使っている。

金属製で重いのだが、ネジで閉めるタイプなので、力がいらないのがいい。

マイク

マイクは、一番大切だという話を聞いていたので、できるだけ良いものをと思っていた。

自分の声を取るので、最初ピンマイク(ラベリアマイク)と思っていたら、ちょうどそんな時に、これはすごいとYouTubeでいろいろな方が投稿していた、ロード Wireless GOという、ワイヤレスマイクにすることにした。

これは、結構気に入っている。

コードを気にせずに、動いても問題なく音声が撮れ、バッテリーのもちも良い。

マイクとスマホを接続するケーブル

iPhone12Proには、マイク端子はない、そのためLightningからミニジャックに変換するケーブルが必要になる。

それで、iPhoneイヤホン変換アダプタを買った。

これであれば、充電しながら録音できると思ったので、ライトニングとミニジャックがついたものにしたが、スマホのバッテリーの問題もないのでライトニングは繋がずに使っている。

なので、ライトニングからミニジャックへの変換だけのエレコム ヘッドフォンアダプター 変換ケーブルを今後の持ち歩き用として買った。

また、このケーブルだけではロード Wireless GOとの接続に問題があるようで、TRS-TRRSパッチケーブルも買う必要がある。

そうして、iPhoneイヤホン変換アダプタTRS-TRRSパッチケーブルを繋げてiPhoneとロード Wireless GOを繋ぐ。

照明

照明も大事ということで、照明も買ってみた。

コールドシューにつけられて、さらにコールドシューが増やせる、Ulanzi 49LEDビデオライトというのを買った。

今もそれを使っている。

これは、今スマホのホルダーの上にコールドシューでつけている。

さらに、このUlanzi 49LEDビデオライトには、各辺にコールドシューがあるので、そこに、ロード Wireless GOの受信機と送信機をつけている。

ここから、ちょっと送信機を取り外して、服につけるだけで撮影がスタートできる。

このように、送信機の置く場所が固定できるのも良い。

YouTube撮影での問題点

以上の機器で問題なく、YouTubeの撮影はできている。

しかし、いくつか今後YouTubeをやっていくにあたり問題になると思われる点がいくつかある。

野外でも撮影したい

今まで、ほとんど自宅のデスクの前で固定で撮影している。

そのため、マイクも僕の声が入ればそれでよく。

逆に他の音が入らない方が良い。

しかし、外で取る場合には、周りの音も入れた方が臨場感がある気がする。

そんな時は、外付けのマイクを使った方が良いかもしれない。

そう思い、楽天のスーバーセールで、ゼンハイザー MKE 200を予約購入してしまった。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥14,328 (2021/08/03 03:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

まか、野外で撮影する場合手持ちで撮影しないと行けないので、自撮り棒のようなものが必要になる。

そのため、Ulanzi MT-08 三脚 自撮り棒 ビデオVLOG三脚Ulanzi スマートフォンホルダー 三脚マウント を買っている。

さて、あとは、外でのYouTube撮影をするだけである。

マルチアングルで撮影したい

それと物を紹介したりした場合に手元を撮ったり、いろいろな角度で撮りたくなる。

そうするとスマホの他にカメラがいる。

するとそのカメラを切り替える切り替え機が必要になる。

などと考えていくと機材がすごく増えてしまう気がする。

それも楽しそうである。

危険だ!

YouTubeの初め方、撮影機材のまとめ

現状は、固定で自宅のデスクの上に置いて固定で撮影をしているので、今の機材で特に問題はない。

今後、いろいろ撮影の幅を変えていくといろいろと問題が出てくる。

それをクリアするためには、また機材が欲しくなる。

楽しそうである、危険そうである。

簡単だが、動画の編集もしているので、そちらも紹介したい。

この編集も沼である。

やろうと思えばとことんできる。

そんなことで、未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

僕のYouTubeチャネル

登録お願いします。

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。