Bose SoundWear Companion Speakerは素晴らしい!新しい体験!

広告

ふとANAのマイレージを見てみると、今月切れるマイルがある。

そこで、ANAのショップで何か買おっかなと思い見てみると、以前から気になっていたBoseのSoundWearという首にかけて使うスピーカーを買ってしまった。

使い始めたら、もう手放せない。

もっと早く買っておけばよかった!

Bose SoundWear Companion Speakerとは

Boseのサウンドウェア・コンパニオン・スピーカーは、ウェラブルスピーカーというもので、首にかけるスピーカーである。

すでに発売されて1年以上が経っていて、ほかにも似たような安いスピーカーが出ている。それでも僕はBoseを選んだ。

実は、僕はBoseのファンで30年以上もいろいろなBoseの製品を使い続けている。

イヤフォンも、QuietComfortを飛行機に乗るときはずっと使っていた。最近は、QuietControle 30(QC30)をいくも首につけている。

なぜか耳が痛くならない、他のイヤフォンだと耳が痛くなってしまう。

それと、Boseのサポートが素晴らしい。

QC30を使う前に、僕はQuiet Comfort 20(QC20)を使っていた。

ある日、QC20のケーブルが切れそうになっていた。

しかし、保証期間はとうに過ぎていた。

ダメもとで、秋葉原のBosesショップに持って行ってみると、半額ぐらいで新しいものに交換してくれた。

いまだに、時々使っている。

箱をあけてみる

ANAのショップのA-Styleの箱で送られてきた。

中には、Bose SoundWear Companion Speakerの箱が!

開けるとこんな感じ

中には、本体、保証書、説明書、MicroUSBのケーブル

できれば、USB-Cのコネクターであって欲しかったのだが、表裏がなくて刺しやすい!

本体はこんな感じ

本体の裏はこんな感じ

初めからカバーがつけられていて,充電するときは、チャックを開ける必要がある。

ちょっと面倒である。

セットアップ

説明書には、アプリをダウンロードして、電源を入れるしか書いていない!

一応、日本語の訳も書いてあった。

 

すでに、”Bose Connect “アプリはインストールしてあったので、SoundWear の電源を入れて、アプリを起動。

すると、画面にSoundWear が現れる。

SoundWearの写真を下に、スワンプすると、アクセサリーの選択画面がててくるので選択する。

言語をセットして、

ニックネームをつける

そのまま”Bose SoundWear”でいいと思うが、、

”SUPPRISE ME”を押すと他の候補が出てくる。特に驚かなかったが、、、、

そのあと一通りSoundWearの説明をしてくれる。

するとファームウェアのアップデートが始まる。

結構時間がかかる、10分近く待ったような?

ダウンロードが終わったら、”更新”ボタンが出てくるので更新する。

セットアップ終了!

使い方は、今までのQC30とほぼ一緒なので、戸惑う事なく使える。

そこもいい!

使ってみて

首にかけてみたが、ほとんど重さを感じない。

音を鳴らしてみると、ちょうど頭の中でなっている感じで、いい感じである。

音もいい!肩に振動がちょっと伝わる、これも嫌な感じもせず自然である。

一番いいのは、どこに行っても常に自分の頭の中で音がなっている。

それでも、周りの声はちゃんと聞こえるので、無視したと怒られることもない。

朝支度をしている時にずっとつけて本を聞いているのだが、電動歯ブラシで歯を磨くとき以外は、ずっと聞いている。

着替えるときは、ちょっと脇に置いて、聴きながら着替えている。

朝の支度の間だけで、短い本なら1冊読めそうである。

また、パソコンで作業するときも、Spotifyなどで音楽をかけながら快適である。

まとめ

Bose SoundWearは、出た時から気になっていた製品だったが、イヤフォンもあるし、各部屋にスピーカーもあるし必要ないかなと思っていた。

しかし、自分と一緒に動いてくれるスピーカーは便利である。

もうこれなしでは、生活ができない!

どこでもつけていたいが、Bose SoundWearは、イヤフォンと違い周りの人にも音が聞こえてしまうので、つけられる場所は限られる。

でも、家の中では、どこに行っても途切れずに音楽や本を聞けるのは素晴らしい!

 

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。