社会の闇から希望がみれた!映画『前科者』

広告

楽しく、快適な、生活を目指して、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

「前科者」は漫画が原作で、WOWOWで有村架純さんが主役でドラマ化された作品である。

そのWOWOWのドラマをAmazon Prime Videoで見てその続きということで、映画「前科者」も見てしまった。

社会の闇の部分を考えさせる映画だった。

映画『前科者』とは?

『前科者』は、もともとビックコミックオリジナルで連載されている漫画である。

それを、有村架純さんを主演にWOWOWがドラマ化して、

今回映画として上映された。

映画のストーリーは、ドラマから話は、続いていて、罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の阿川佳代(有村架純)が、前科者の工藤誠(森田剛)を受け持つことから始まる物語である。

保護司は、国家公務員だが、報酬はないボランティアである。

また,この物語の中で、なぜ阿川佳代(有村架純)が保護司になったかの話も語られている。

『前科者』のホームベージ

映画『前科者』の感想

犯罪を犯すまでにはいろいろなストーリーがある

犯罪を犯すまでには、たくさんの不幸がある。

いろいろな偶然が、たくさんの不幸を呼び、犯罪になり、復習になり、その連鎖が起こる。

その連鎖を止めるのは、難しいものなのだろう。

保護司という仕事

罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を助ける保護司という仕事があることは、WOWOWのドラマ「前科者」で初めて知る。

保護司は、非常勤の国家公務員であるが、報酬はなくボランティアである。

なぜ、そのようなボランティアをしようとする人がいるのか?

その一つの例が語られている。

それぞれの人の人生

この映画では、それぞれの人が、それぞれの思いで今の人生を生きている。

その中で、魔が刺したり、間違えたりして、人の人生を変えてしまうことがある。

自分が間違えたら、それを隠すことは良くない。

できれば、いつも後ろめたい気持ちを持たずに、前を見て生きていきたい。

最後の「惚れるなよ」

映画の最後に、阿川佳代(有村架純)が、「惚れるなよ!」と言って終わる。

これで、惚れてしまった!

この「前科者」は、シリーズ化されて、ドラマは続かないのだろうか?

漫画は、ビックコミックオリジナルで連載中である。

また、2月いっぱいは、Amazonで1巻と2巻が無料で読むことができる。

映画『前科者』のまとめ

今回、映画『前科者』を見た。

WOWOWのドラマから見てから見たので、サッと話に入っていけた。

できれば、WOWOWのドラマから見た方が良いと思う。

Amazon Prime Videoで見ることができる。

ハラハラしながら、引き込まれ、最後にホッとする物語である。

また、ノベライズの本も出ている。

created by Rinker
¥638 (2023/02/08 02:24:49時点 Amazon調べ-詳細)

未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、にこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

他のおすすめ映画情報

にこらいふメルマガ

にこらいふでは、メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているにこにこ生きるニコリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

YouTubeも毎日配信中!

ミニマリストをめぜして、YouTubeを毎日配信しています。

しかし、ぜんぜんミニマリストに近づいていない、、、。

でもいつかきっとミニマリストになります!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。