諦めなければ未来は明るい! 映画「夏への扉 キミのいる未来へ 」を観た!

広告

早期退社をして楽しく、快適な、生活を目指している、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

僕は、映画やドラマが好きである。

最近は、毎月2本ぐらいの映画を映画館で見ている。

映画を見ても、そのままではもったいない。

そこで考えたこと、思ったことを残しておきたい。

そんな訳で、今回,映画「夏への扉 キミのいる未来へ 」を見ての感想を書いてみたい。

「夏への扉」とは?

「夏への扉」は、SF作家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表したSF小説である。

created by Rinker
¥2,360 (2022/08/12 15:01:28時点 Amazon調べ-詳細)

多分、僕も学生時代によんでいると思うのだが小説の内容は覚えていない。

学生時代、僕はSF小説にハマっていて、ハインラインを初め、アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラーク、ラリー・ニーブンなどを詠んでいた。

今回の「夏への扉 キミのいる未来へ 」は、「夏への扉」の初めての映画化とのことである。

60年以上前のSF作品が、今映画化されるのはすこいことである。

この60年で技術は大きく進歩して、世の中は大きく変わっているのに、それでも新しさを感じられるのはすごい。

もう一度「夏への扉」を詠んでみたい、新訳も出ているようなのでそちらを詠んでみるのも面白いかもしれない。

created by Rinker
¥1,430 (2022/08/12 05:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

「夏への扉 キミのいる未来へ 」の公式サイト

映画「夏への扉 キミのいる未来へ 」を観ての感想

ちょと昔が懐かしい

舞台が、1995年の日本という設定で、機材、事務所などちょっと前の時代を思わせて懐かしい感じがした。

凛とした猫が可愛い!

猫のピートが凛としていて、全てをみていてわかっているようしている姿がとても可愛い!

感動して泣ける

諦めなければ、未来は明るい!

最後の再会のシーンは、ちょっと泣いてしまった。

タイムトラベル映画の面白さが満載

この映画では、並行世界はないという前提で描かれている。

そこで、いろいろな伏線が、次々と拾われていく痛快な映画である。

映画「夏への扉 キミのいる未来へ 」のまとめ

今回この「夏への扉 キミのいる未来へ 」を観て非常に楽しめた。

やっばり、SF物は好きである。

これを気に、昔のSFや今のSFを観たり、詠んだりしたくなった。

SFマガジンに、この「夏への扉 キミのいる未来へ 」の特集が組まれているようなので、久しぶりにSFマガジンも買ってみよう!

諦めなければ、未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

へららいふメルマガ

へららいふでは、メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているへらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

へららいふYouTube

僕は、ミニマリストを目指している。

しかし、なかなかなれない、最近は、物が増えているかもしれない。

そんなあがきを、毎日YouTubeに投稿している。

気軽に見てください!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。