永遠に生きるとどういうことか?映画「ARC ( アーク) 」を観て考えた!

広告

早期退社をして楽しく、快適な、生活を目指している、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

僕は、映画が好きである。

最近は、毎月2本ぐらいの映画を映画館で見ている。

映画を見ても、そのままではもったいない。

そこで考えたこと、思ったことを残しておきたい。

そんな訳で、今回,映画「ARC ( アーク) 」を見ての感想を書いてみたい。

「ARC(ARC)」とは?

「ARC」は、ネビュラ賞、ヒューゴー賞を受賞しているSF作家ケン・リュウの短編SF小説である。

「ARC 」は、「もののあわれ」という短編集に収録されている。

created by Rinker
¥748 (2021/08/03 23:30:09時点 Amazon調べ-詳細)

また、この本は、Audibleで聞くこともできる。

ケン・リュウは、1976年に中国で生まれ、アメリカにいる小説家、翻訳家で、三体などの中国のSF小説の翻訳もしている。

この映画では、死を克服した世界の話である。

人は、死を克服するとどうなるのか?

そんなことを考えさせる映画である。

「ARC ( アーク) 」の公式サイト

映画「ARC ( アーク) 」を観ての感想

人の死を考える

この映画で、最初にプラスティネーションという死体をそのまま保存する技術を使って、死体を生きているように固定できる。

まるで、生きているように見える。

人は、死ぬと形がなくなっていく、しかしプラスティネーションをすると永遠に形はなくならない。

それでも、人は死んでいる。

格差について

この映画では、死が克服される技術が完成している。

しかし、全ての人が永遠の命を得られるわけではない。

金銭的に払えない人や、遺伝子の問題等で永遠の命を得られない人がいる。

永遠の命を得るためには、250年のローンを払い続けないといけない、また、ある液体を体に入れ続けないといけない。

そうすると、永遠の命を得られる人、そうでない人という大きな格差を生む、そして暴動のような事も起こる。

お金で、命が買える。

お金がないと、命は尽きる。

中には、あえて永遠に生きることを拒む人も出てくる。

永遠に生きること?

永遠に生きると人は、どうなるのか?

そのような人が作る社会はどのようになる?

映画の中では、出生率は0.2%まで下がっていた。

死がなくなってしまい、それでも人は楽しくずっと生きていけるのだろうか?

実際に永遠の命を得てみないと本当のところ,僕には、分からない。

映画「ARC ( アーク) 」のまとめ

今回この「ARC ( アーク) 」を観て非常に楽しめた。

やっばり、SF物は好きである。

映画の中で、なぜ表題がARCなのかは、語られていない気がする(もしかしたら語られていたのかもしれない)。

小説では、ARC(円弧)は始まりがあって終わりがある。

それで、この小説の題がARCになっている。

円には、終わりがない。

created by Rinker
¥748 (2021/08/03 23:30:09時点 Amazon調べ-詳細)

そんな、未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

へららいふメルマガ

へららいふでは、メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているへらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

へららいふYouTube

僕は、ミニマリストを目指している。

しかし、なかなかなれない、最近は、物が増えているかもしれない。

そんなあがきを、毎日YouTubeに投稿している。

気軽に見てください!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。