熱中症とインフルエンザをみはる!【A&D 環境温湿度計 AD-5686】【レビュー】

広告

楽しく、快適な、生活を目指して、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)です。

これから熱中症の季節がくる。

そんな時に、注意をしてくるれるのが、A&D 環境温湿度計 AD-5686である。

また、冬には、インフルエンザをみはる乾燥指数でも注意してくれる。

以前、A&D みはりん坊ダブル AD-5687を買って持って歩いているが、今回家に置いておくために買ったのが、A&D 環境温湿度計 AD-5686である。

created by Rinker
エー・アンド・デイ(A&D)
¥5,973 (2021/06/21 04:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

「A&D」とは?

株式会社エー・アンド・デイ は、1977年5月に設立した計測機器の会社である。

事業は、以下のような業務をしている。

電子計測器

産業用重量計

電子天びん

医療用電子機器

などの研究開発、製造、販売をしている。

ホームベージを見てみると、いろんな温度、湿度計があった。

その他にも、たくさんの計測器が並んでいた。

「A&D 環境温湿度計 AD-5686」は?

A&D 環境温湿度計 AD-5686の箱は、

裏は、

中には、本体、単3電池3本、説明書などが入っている。

表示できる値は、温度、相対湿度、乾燥指数(絶対湿度)、熱中症指数、時刻である。

モード切り替えを持っていている。

裏側のスタンドの影に、モード切り替えスイッチがある。

おまかせモード

自動で熱中度指数モードと乾燥指数モードに表示を切り替えるモード。

熱中度指数モード

常に、熱中度指数を表示するモードで、この場合上限アラームが好きな値に設定できる。

乾燥指数モード

常に、乾燥指数を表示するモードで、この場合上限アラームが好きな値に設定できる

通常は、おまかせモードで良さそうである。

サイズ 、重量

2.8 x 10.8 x 13.3 cm; 240 g

「A&D 環境温湿度計 AD-5686」を使ってみた。

A&D 環境温湿度計 AD-5686を、使い始めるのには、まず付属の電池(単3電池3本)を入れる。

そして、時計の時刻をセットしたら、設定は終わり。

今の季節は、おまかせモードの設定では、熱中度指数モードになっていた。

熱中度指数が28度を超えると、厳重警戒になり、アラームランプが点滅して、「ピッ」「ピッ」「ピッ」、、、とブザー音が20秒鳴る。

その後、29度から30.9 度までの間にいる場合は、1分ごとにアラームランプが点滅して「ピッ」とブザーがなる。

さらに、熱中度指数が31度を超えると、危険となり、アラームランプが点滅して、「ピピッ」「ピピッ」「ピピッ」、、、とブザー音が30秒鳴る。

その後、31度以上の場合は、1分ごとにアラームランプが点滅して「ピピッ」とブザーがなる。

乾燥指数モードの時には、以下のような表示になる。

一番上が、乾燥指数になっていて、その下に温度、相対湿度、時刻と表示される。

乾燥指数が7.0g/m3以下になると、警戒となり、アラームランプが点滅して、「ピピッ」「ピピッ」「ピピッ」、、、とブザー音が30秒鳴る。

その後も、7.0g/m3以下場合は、1分ごとにアラームランプが点滅して「ピピッ」とブザーがなる。

「A&D 環境温湿度計 AD-5686」の良い点

おまかせモードがある。

A おまかせモードが、あって冬も夏もそのままにしておけば、自動的にモードを切り替えて、警戒を音を鳴らしてくれる。

アラームが鳴る!

ただ、表示しているだけでなく、アラームを鳴ってくれるので、便利である。

壁にも掛けられる。

スタンドがあるので、机の上等に置くことができる。

また、後ろに壁掛け穴があるので、壁掛けもできる。

「A&D 環境温湿度計 AD-5686 」の問題点

夜は表示が見れない

バックライトがないので、夜は表示を見ることができない。

「A&D 環境温湿度計 AD-5686 」のまとめ

今回、「A&D 環境温湿度計 AD-5686」を、設置した。

まだ、アラームは鳴っていない。

これから、夏になって来ると熱中症の懸念が出てくる。

そんな時に、このようなアラームが鳴ってくれると便利である。

移動中は、【A&D みはりん坊ダブル AD-5687】を持ち歩いて、その時の環境を知ることができる。

また、乾燥は案外わかりづらいので、このような機器がアラームで教えてくれるのは嬉しい。

created by Rinker
エー・アンド・デイ(A&D)
¥5,973 (2021/06/21 04:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

そして、未来は、明るい! 

そう僕は信じる。

楽しい人生だったと言って死にたい、へらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)でした。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

関連情報

へららいふメルマガ

へららいふでは、毎日メルマガを配信しています。

早期退社をして、楽しく、快適な、生活を目指しているへらへら生きるヘラリストのアリー(@ArimuraYoshi)が、どのように毎日過ごしているかを配信しています。

また、新し物好きなので、いろいろ新しい物買ったり、新していサービスを試しているので、それらも書いて行きます。

ちょっとでも、役に立てればと思っています。

是非、登録をお願いします!

現在、無料で配信しています。

登録は、こちらから

YouTubeも毎日配信中!

ミニマリストをめぜして、YouTubeを毎日配信しています。

しかし、ぜんぜんミニマリストに近づいていない、、、。

でもいつかきっとミニマリストになります!

この記事を書いた人

有村 好人

有村 好人(よしひと)ことアリーです。
外資系IT会社を早期退社後、個人事業主になり、このブログの運営、コンサルティング業務を行なっています。
繋がる機器が大好きで、家での生活を繋がる機器でいかにスマート(快適で便利)にするかを考えています。
また、電気自動車の日産リーフで、どこまでも遠くに行きたいと思っています。